top of page
  • 手塚 勇輝

葬儀マナー (アクセサリー編)

こんにちは。

ライフクリーンの手塚です!





今回は葬儀時に身に付けるアクセサリーについてのご説明です。

基本的に和装の喪服の場合はアクセサリーは必要はございませんが

洋装の場合は装着してもよいアクセサリーがございますのでご紹介

致します。







結婚指輪


指輪は結婚指輪のみしても構いません。和服の場合も、結婚指輪なら身に着けたまま参列しても問題ありません。ただし、あまりに華美なものは、主催者や他の参列者に不快な印象を与えることがありますので、外した方が良いでしょう。


ネックレス

葬儀に着けていくアクセサリーの代表とも言えるものが真珠のネックレスです。

しかし、真珠のネックレスであれば何でも良いというわけではありません。まず、二連になっているものは葬儀にはふさわしくありません。「不幸が二重になる」ことを連想させてしまうからです。また、華美な印象を与えるロングネックレスも着けて行けません。喪服の襟ぐりからやや上に沿うような長さが理想的です。




ピアス・イヤリング


先ほどご紹介した通り、真珠のネックレスとイヤリングは葬祭にふさわしいものであると捉えられています。洋装であれば、真珠のイヤリングを着けて行っても構いません。

しかし、真珠のイヤリングでも、金の台がついているものや揺れるものは華美な印象を与えるため、葬儀にはふさわしくありません。台座に真珠が一粒だけ、直付けになっているものを選びましょう。




ヘアーアクセサリー

質素でカジュアル過ぎないものなら洋装の喪服とあわせても構いません。例をあげると、黒く光沢のないリボン、バレッタ、シニオンなどは大丈夫です。シュシュやカチューシャはカジュアルなイメージがありますので、黒い地味な物であっても着けていかない方が良いでしょう。



ネクタイピン

男性のおしゃれとして良く用いられるタイピンですが、基本的には葬儀には着けていかない方が良いでしょう。もしも着けていくのであれば、黒い光沢のないものや真珠が一粒だけついた葬儀用のものを選びましょう。




カフス

カフスは男性の袖口に着けるボタンのようなもので、タイピンと並んで男性のさりげないおしゃれとして使われています。葬儀の場合は夏でもブラックフォーマルのスーツを着ますので、カフスはあまり見えないかもしれません。しかし、だからと言って華美なカフスを着けていくと、袖口からのぞいた時に周りの人に違和感を抱かせてしまいます。カフスは外しておくか、光沢のない黒いものにしましょう。



以上葬儀で着用できるアクセサリーをご紹介させいいただきました。

かつて、葬儀はしめやかに故人様をお見送りするものであり、アクセサリーのような装飾品は不要であるとされていました。しかし現在では洋装の喪服を着る方が多数派になり、アクセサリーを合わせることが常識であると考える方も増えています。地域や家系によって異なる部分もありますので、年長の親戚や近所の方に聞いてみるのも良いでしょう。 アクセサリーを着けるにせよ着けないにせよ、清楚で上品な装いや立ち居振る舞いをするよう意識して、故人様に哀悼と敬意を示しましょう。



お葬儀に関する質問やお困りごとがございましたら24時間365日対応させていただいてお


りますので是非ご連絡してください。


最後までお読みいただきありがとうございました!




Comments


bottom of page