top of page
  • 手塚 勇輝

葬儀マナー(持ち物編)




こんにちはライフクリーンの手塚です。




様々なマナーやしきたりがあるお葬式では、持ち物にも注意が必要です。

お葬式の持ち物には一つ一つにマナーがありその基本的なマナーは最低限身に着けておく必

要があります。

今回は参列する場合に必要となる持ち物とそのマナーをご説明させていただきます。



お葬式に必要な持ち物


袱紗

お香典は袱紗に入れて持参します。

弔辞用の袱紗は黒やグレー、緑などの寒色系で暗い色合いのものを使用します。

慶事でも弔事でも使用できる色は紫色だけなので初めて袱紗を購入される方は

紫色を購入された方が便利です。


数珠

焼香をするときに必要なのが「数珠(念珠)」で、お葬式の持ち物としてはとても重要なものです。数珠は宗派により珠の数などが異なりますが、相手の宗派に合わせる必要はなく、自分の宗派の数珠を使用します。

仏教徒でない場合はお葬式に参列する場合でも数珠は必要ありませんが

気になる場合は数珠を用意しましょう。

数珠の選び方

男性は大きい珠の数珠、女性は小さい珠の数珠を選びます。珠の色や素材には決まりはありませんが、宗派や地域によっては慣習がある場合もあります。お葬式の持ち物の中では唯一、自分の好みのデザインのものを選べます。

ハンカチ

お香典や袱紗の他にお葬式の持ち物として考えられるのがハンカチです。涙をふいたり手をふいたり、何かと使う場面があります。

お葬式にハンカチを持って行く場合は白か黒の無地が基本となります。女性の場合は同色の刺繍がほどこされたものや控えめな柄が入ったもの、レースがついたものでも使用できます。

本来は白がマナーであるとされていましたが、現在は喪服が黒であるため黒のハンカチを持つことも多くなりました。


お葬儀の天候によって変わる持ち物


雨の日のお葬式

雨の日のお葬式では傘をさしますが、会場の入り口までとはいえ、他の持ち物と同じように派手な色や柄のものはふさわしくありません。

無地の黒や紺、グレーのものを弔事用に用意しておくといいでしょう。雨が降りそうな場合は折りたたみ傘を準備しますが、折りたたみ傘も黒や紺などの暗い色のものを使用します。

ふさわしい傘がなく、お葬式までに用意ができない場合は透明のビニール傘でも問題ありません。

夏のお葬式

女性は夏に日傘を持ち歩く方も多いと思いますが、お葬式のときは日傘も黒や紺などの暗めの色のものを使用します。晴雨兼用で黒い傘をひとつ持っておくと便利です。

冬のお葬式

寒い時期のお葬式では喪服の上にコートを着ることもありますが、コートは会場の外で脱ぐのがマナーなのでとくに決まりはありません

コートも黒やグレー、紺色や茶色などの暗めの色がベストではありますが、ベージュなどの明るい色でも問題ないとされています。

ダウンジャケットはカジュアルな印象なので、暗い色であってもフォーマルな場にはふさわしくありません。

色よりも素材に注意が必要で、革や毛皮のついたものは避けましょう。殺生をイメージするものは冠婚葬祭ではマナー違反となります。


お葬式には儀式自体だけでなく、持ち物にもさまざまなマナーがあります。

おめでたいことではないので明るい色を避け、暗い色合いで悲しみを表すのがお葬式の持ち物の基本となります。

知らずに恥ずかしい思いをしたり、喪家に失礼のないようにお葬式の持ち物のマナーはしっかりと覚えておいた方がいいですね。


お葬儀に関する質問やお困りごとがございましたら24時間365日対応させていただいてお


りますので是非ご連絡してください。


最後までお読みいただきありがとうございました!



Comments


bottom of page