top of page
  • 手塚 勇輝

御葬儀にかかる費用について



こんにちはライフクリーンの手塚です。




よく葬儀社の広告で○○万円から御葬儀できますというものを


街やテレビのCMでご覧になった方がいらっしゃると思います。


本当にその料金で御葬儀をあげることができるのか疑問に思われる方も


多いと思いますので今回は実際どういった費用が掛かってくるのか


弊社の見積もりを参考にご説明をさせていただきたいと思います。


御葬儀全体に掛かる費用の大きな内訳は以下の項目でございます。


施設使用料・・・火葬代、式場費、休憩室代


お布施・・・ご住職にお渡しするお布施


おもてなし費用・・・お料理屋さんや返礼品屋さんにお支払いする御料金


葬儀社費用・・・葬儀社にお支払をしていただく御料金


オプション費用・・・どれだけ数が出るか分からない供花等

          また式場の場所によって必要となる霊柩車や案内看板等


これらを合計した金額が御葬儀代となります。




初めにお話しさせていただいた広告の「○○円で御葬儀できます」というのは


内訳の中の葬儀社費用のことです。


実際にはその御料金の他に施設使用料やお布施、おもてなし費用、またお式場によっては


霊柩車の手配をしなくてはならなかったりといった費用が掛かってきますのでご注意が必要


です。



また、よく皆さんに知られていないのが故人様のお体を安置する安置料です。


お亡くなりになってから御葬儀を執り行う日までご自宅にご安置ができない場合は


葬儀社の安置場所か火葬場に併設している安置所にご安置をすることになります。


どちらをお選びになってもご安置料が掛かります。


またご安置料とは別に、お体を冷やすために必要になるドライアイスの御料金


掛かります。



といったことから「○○円でできます」という広告を見て本当にその金額だけで御葬儀を


執り行うことができると思ってしまうと実際に見積もりを取ったら全然違う料金になったと


ガッカリしてしまうことになります。


また葬儀社のプランも本当に必要最低限のものしか入っておらず、実際見積もりをしてみた


料金が上がってしまったという話も結構耳にします。


そういった葬儀社を選んでしまわないように気を付けたいところではございますが、

いざ身内に不幸があり何も準備されていない状態ですと、広告が頭に残っており


依頼の電話をしてしまいがちです。


そうならない為にも事前見積もりをして準備をされておいた方がよろしいかと思います。




弊社の事前見積もりをしていただいた方、弊社のチラシをお持ちの方に関しましては


御葬儀プランも限定価格でご提供させていただいております。


また弊社の料金プランには御葬儀に必要なものは一通りすべて入っており、特別なご要望が


ない限りは費用が上乗せすることはございません


品質、価格共にご納得していただけるプランをご用意させていただいておりますので


是非ご連絡待ちしております。



最後までお読みいただきありがとうございました。












댓글


bottom of page